リップルとインド2

リップルがインド市場をターゲットにしている理由の二つ目は、
インドの経済成長率は、主要国で1位であるということです。

世界銀行のインドの実質GDP成長率は、7%台を維持し続けると予測し、
アジア開発銀行も、インドの実質GDP成長率を、7%台と高く、
インドは、アジア経済のけん引役として存在感を高めるとの見方を示しています。

更新日 2018年08月24日

本日 0pv

合計 41pv


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)仮想通貨(暗号化通貨)の世界 All Rights Reserved.